劇団Bee-VOICE 稽古場日誌

今日は、記念館ホールでの稽古でした。
普段、稽古している教室よりも広いとテンションも上がりますね!
ほかの部員が来るまでの数十分間は1人でホール内をうろちょろして広さを実感して楽しんでいました。


それはさておきあんなに広い舞台は当たり前ですが初なので不安ではありますが精一杯頑張ります。

以上、中島でした。

家で皿洗ってたら包丁で指を誤って刺してしまったが血が出るどころか何一つ傷がつかなかった安西勇人です。お久しぶりです!

 

本日は人数の関係で作業日になりました。主に切手を貼る作業ですが最初から最後まで向きに気を付けながら貼ったら間違えることなく貼り終えました。

 

さて本格的な練習が始まりましたがこれからも全力で頑張っていきます!

 

ここから関係ない話になりますが、最近日が沈むのが早くなった気がしまして、どんどん秋に近づいているのかなぁと思いきや、ある日は馬鹿みたいに暑くなったり、またある日は突然寒くなったり…季節とは一体何ですかね?気温の寒暖の差が激しい日々が続いていたので皆様お身体には十分気をつけてくださいね。

 

以上安西勇人の7回目のブログでした!

お久しぶりです!最後にブログ書いたのが記憶にないくらい久しぶりです!夏休みが気がついたら終わってました()

 

そんなことより!今回のタイトル。始まってしまいました。紫雲祭公演の(本格的?な)練習が!去年からもうそんなに経ちましたか。いつも通り不安しかありませんが、我々の中で1番大きい舞台でこの舞台に思入れがある人が多い舞台です!

少なくとも黒歴史は残さないように頑張りたいと思います。

 

ps.最近睡眠欲が強すぎて困ってます。

皆さん!新人公演が終了いたしました。
応援ありがとうございました!

長いようで短い2ヶ月でした。
初めて新人のみんなと出会ってから色々なことがありました。
こんな頼りない先輩についてきてくれたこと、本当にありがとう。

本番が終わった=長い文章が書ける人間ではないし、グダグダ文章を並べるのもあまり得意ではないので、最後にこれだけ。

新人のみんな、とても輝いていました。楽しんでくれてよかった。

以上!!

最近涙腺が緩いです。
心のダム決壊しすぎなおばちゃん(未成年)な萱森です。


7月1日、新人公演でした。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。


脚本と、照明と、デザインと、演出もどきと、舞監もどきと、パセリみたいな役やってました。
こうみるといろいろやりすぎた。馬鹿かな。

おかげさまで馬鹿はたくさん経験を積むことができました。

思うことはホントにいろいろあって、
何書けばいいのか未だに悩むくらい。

写真を撮る時の距離は心の距離


本番前、みんなに送ったメッセージの繰り返しになるんですが、


私が演劇を初めたとき、20人ちょいが同期として一緒のスタートラインに立っていたんです。
だけど気付いたらその中で今も演劇を続けているのは私だけなんです。

でも私はひとりぼっちで演劇なんてしていません。
新しい仲間に出会えているから。

口を開けばセクハラしか言えないんじゃないかって思うような先輩だったり、
何が楽しいかわからないことでひたすら盛り上がる先輩だったり、
少し頼りないし呆れるくらいマイペースなんだけど憎めない同期だったり、
そして、個性の塊みたいな新人のみんなだったり。

ここまでこれただけでもすごく嬉しいんです。
もっと先にあるものを、このままみんなで見たいって思えます。

かやもりのはぁとをゲットせよ


本番まで、みんなすごく頑張っていました。
どこの目線から言ってるんだってなるかもしれないけれど、本当に。
公演に来てくださった皆様、これが新しい劇団Bee-VOICEです。

ま~るいやつ、
ほっそいやつ、
とがったやつ、
けぶかいやつ、
せつめいむずかしいやつ。
ぽっけたーり、もんすたーり。。。

とりあえず色々いますが、よろしくお願い致します。

もはや誰が先輩で誰が後輩


私も呑気にはなっていられません。
次は紫雲祭公演という、大きな舞台。
今の所、10月21日の予定ですが……そんなに時間はありません。

私が現役として活動ができるのにも、リミットが迫ってきています。
悔いのないよう、過ごしていきたいと思います。

萱森のこともよろしくお願いします。

このページのトップヘ