劇団Bee-VOICE 稽古場日誌

今回の新人公演が自分にとってはじめての舞台だった安西勇人です。
まずは新人公演を観に来てくださった皆様ありがとうございました!
そして前日の準備と当日の準備片付けを手伝いに来てくださったOBOGの先輩方、陰ながら支えてくださったタカシ先輩、右も左もわからない自`分に多くの事を教えてくださった若山先輩、萱森先輩、普段緊張などで動きや表情が固かった自分をリラックスさせてくれた同期達に感謝です!
まだまだ自分は至らぬ点もございますが、これからも精進します!
余談ですが、自分の趣味は食べ物を食べること、ゲーム(音ゲー)、周りの風景を見て気に入ったものを写真に撮ることですが、今回演じた西尾が写真を撮ることが好きで、台本を読んでる時点で、自分の中にある写真を撮ることに火がつきはじめて写真を前より多く撮るようになり、台本を外す頃には何故か猫の写真ばかり増えていきました。その時の傑作がこちら

トラックと猫


これはある日、地元の図書館の帰りに撮ったものですが、トラックを見ている猫は一体何を考えているのだろうかという疑問を感じたのとなんか面白そうだから撮りました。
最後に西尾が撮った写真がこちら

再会祝い


自分は今まで自撮りしたことは西尾を演じるまでしたことはありませんでしたが、かなりいい感じに撮れたと思います。
西尾が安西勇人にくれたものは「写真は時間と空間を映し、日記のように記録してゆく」だと自分は感じました。

以上安西勇人の6回目のブログでした!

とりあえず明日の朝はネギを買う。
どーも、萱森です。

明日からは7月。
そしてそのスタートと共に新人達の新しい一歩が踏み出されます。

つまりは明日は新人公演本番でございます。
なので今日は仕込みと、場当たりを兼ねた稽古を行いました。
お忙しい中お手伝い頂いたOBの先輩方、ありがとうございました!お陰様で明日という日を迎えることができます!!!


今回のBee-VOICEは舞台初体験の子が多いです。
だから自分が初めての時、どんな言葉を掛けてもらいたかったか思い出そうとしてるんですけど、どうも思い出せないんですよね。

とりあえずアドバイスをって思っても上手くまとまらなくて。
言葉って難しい。


部員一同、
お客様に最も良い舞台をお見せできるよう、
全身全霊をぶつけていきます。
がんばります。

ウォーリーは存在を否定され民衆に隠れることにしました

とりあえず一年前の私貼っとく。大丈夫、本番なんてなんとかなるよ()

-・-・-・-・-・-・-・-
『明日(あすた)が紡ぐ物語』

2017/07/01(Sat)
@鶴見大学 5号館101教室
開場:13:30
開演:14:00

お待ちしております。

今回はOBの先輩がお2人来てくださいました。

1号室と観劇の際に行う注意事項等を含むプロローグに相当するシーンを中心に音響とあわせて行いました。

1号室で舞台に立つことは無いものの
代役として、補助をしたのですが
…………限られた空間の範囲内でクッションを受け止めるのは想像より少し難しかったです。
大きく取り損なったらどうしようと
内心、ヒヤヒヤものでした…。


それはさておき、本番まで本当に残り僅かです。
声のトーンに気をつけることや役が違っているのに単調であることなど技術面ではまだまだ未熟ながらも
各場面一つ一つを大切に精一杯演じられたらと思います。

前回がラストと思ってはいたのですが
恐らく今回が本番前、ラストです!……きっと!。
以上、中島でした。

どーも、今日の練習で褒められてちょっとご機嫌な奴です。
あと本番まで1ヶ月あるという現実逃避をしながら頑張ってます(あと3日)。

今日は通しを行いました。
この季節、そして照明に当たり続けた結果汗まみれです。

練習場所(本番の会場でもある)は冷房が…ね。
外の方がマシなんじゃねぇかと思うくらいなので。


どーでもいいけど、最近任天堂スイッチを買いました。やる時間ないですけど。
本番が終わったら死ぬほどやります。


さて次回は
思いつかないのでお休みです。
それでは。

どうもこんにちは!
レポートを深夜までやっていて寝不足な西川です。

今日も全体の確認をしてから気になるところをもう一度やる、というようなお稽古の流れでした。

今日はお互いにフォローしあい、流れをあまり止めることなく演じることができました!
まだまだ改善しなければいけないところもありましたが本番に向けて頑張ります!

それでは!

このページのトップヘ