劇団Bee-VOICE 稽古場日誌

お久しぶりです、佐藤ですよ。
公演後の挨拶的なぶろぐらしいです。全員分載るってなんだか豪勢ですよね。満漢全席もびっくり…比べられることに驚きそうです。

さて、公演が終わってそろそろ4日が経とうとしています(書いてる段階)。活動も無いですし、何よりテスト(がある)期間に入ってしまったのであまりおわったー!という感覚はなく、忙しく過ごしています。倦怠感、喪失感が無いだけ忙しさに感謝して生活してるわけですが、今回は忙しくなくてもあまり喪失感、倦怠感はなさそうだなと考えています。

今回は初めての場所で、初めての人たちとの公演でした。今まではずっと親しく『ここで何かしたら何か返してくれる』と信用しつつ練習だったり本番もしていたので、このように台本通りに練習から本番までやるのは初めてに近いことでした。ぶっちゃけそれが当たり前なわけですが、面白いと思ったことを出来ないのは案外面倒なものだなと。

でも、それはそれとして楽しかったです。特に演劇らしさ、キャラとして動くことを台本通りにやることが、比較的面白かったことが今回の収穫です。

そういえば、この前先生が「ヨーロッパには『始まりは全体の半分』という諺がある」と言っていました。『終わり良ければすべて良し』という諺もありますね。私達1年生にとって『始まり』は今回の公演だったわけですが、如何ですか?

次は一応3年生の『終わり』である紫雲祭公演です(4年生でもやるかどうかは知りませんが)私達は始まったばかりですから終わりはまだまだ見えませんが、全て良い方向に進む事を願っています。


以上、佐藤でした。
ps.友人からは「大人しかったけど大丈夫?」と心配されました。

初めての公演で右も左も分からない私たちを引っ張ってくださった先輩方、一緒に頑張ってくれた同級生、裏方や準備のお手伝いをしてくださったOG・OBの先輩方、そして今回御来場下さいましたお客様のお力があって公演日を迎える事が出来ました。本当にありがとうございました!
お客様から頂いたお褒めの言葉も厳しい意見も、全て吸収してもっと上手くなります!!
関わって下さった皆様に感謝です!

次の公演は3年生の最後の公演みたいです。この間初めましてだったのにもう引退なんて寂しすぎます。先輩方の良い思い出の1ページを飾る事が出来るよう、頑張ります。ですので、紫雲祭も是非いらして下さい!お待ちしております!

少しだけ甲田の感想書かせて頂きます。
中学高校と演劇部でしたが、どちらも大会があったのでわりと常にピリピリした空気感の中で稽古していました。学校外で演劇を勉強させて頂いていた時もわりとピリピリした稽古場でした。幼少期に入っていた劇団もすこーしピリッとしていました。
ですが、鶴見はほわほわしていて、とてもリラックスした稽古場でした。新鮮でたのしかったです!
稽古中も公演後も、自分の演技の下手さを痛感しとても悔しかったです。
もっと魅力のある演技が出来るよう死ぬ気で頑張ります。
どんな役でもやりますので!へけ!
以上です!!

どうも!初舞台を終えた神田です!
自分としては楽しかったですが、後悔の方が多いです。

公演後の打ち上げで褒めてくださったOB、OGの方もいらっしゃいましたが、もっとやりきれた部分の方が多いと思ってます。
声を出すことや、抑揚をつけるなど、特に抑揚に関しては最初の稽古から本番前までずっと言われてきました。

初心者だから、初めての経験だから、を言い訳にはしたくありません。むしろ言い訳になりません。やると決めて入ったからにはやり遂げるのが筋だと思います。
今回の自分に足らなかった事をまとめて、良くしていくよう努力し、OB、OGの方から頂いた言葉を真摯に受け止めて、これからの自分のバネにしていきたいと思います。

いきなりマイナスな事から入りましたが、良かったと思える事もありました!
公演後に、「ちゃんと少年に見えましたよ」と声をかけて頂いたお客様がいたり、アンケートに自分の役が印象に残ったと書いて頂いたり、そういった事は素直にとても嬉しいですし、とても励みになりました!次に役者で立った時もまた言ってもらえるように、これからもより一層頑張っていこうと思います!
ありがとうございました!!

おはこんばんにちは。みんなのアイドル&演出担当した仲ちゃんです。
タイトルかっこよくないですか??誰かが言ってそうだけど、自分で考えました。
意味というのは特にありませんが、今回の新人公演は自分の中でも反省するところが多く、ここであれしておけば…。とか、あのタイミングであれしておけば…。あと1週間あれば……。などと戻りもしない時間を欲してしまう日々でした。
そこでウダウダしてたら先にすら進めない。そうは思いました。しかし、そう簡単に変われるわけではありませんでした。
(まぁ、人間そう簡単に変われたら誰も苦労はしないですもんね。)
今回、2年生にもなり先輩の立場になったにも関わらず1年生にはとても大変な思いをさせてしまったなと思っています。「もっと上手な演出を付けられたら、先輩みたいになれたら。」なんて思ったりもしました。
ごめんね、1年生達………(´•̥ω•̥`)
まぁ、長くはなりましたが意味としてはこんな感じ??です(笑)

さてさて、このブログが上がる頃には日付は変わっていると思います。(遅くなってすみません) そうなると、もう今日が本番になりますね。とても緊張してます……。今回ギリギリまでセリフが覚えられなかったので……(震え声)

しかし、1年生達はとても頑張ってくれました。
神田くんは役的にも1番関係が多いので1番長くいた1年生です。演劇初心者だけど、セリフもちゃんと覚えて、キメるところはしっかりとキメてくれるところがハマってて良かった!本番もその調子で頑張ってほしいです\(°∀° )/
八十島ちゃんは、神田くんと同じく演劇初心者って言ってたけど脅威のセリフ覚えしててすごい…。って思った!他の人のセリフも覚えてて正直俺より紙芝居屋のセリフ覚えてたね………(震え声)  そのセリフ覚えはちゃんと結果に繋がると思うので自信もって頑張って(((o(*゚▽゚*)o)))
怜ちゃんは、あまり稽古に来れない中凄く頑張ってくれました。それに、最初からみなみがハマり役だったのには驚きました!本番はありのままのみなみを演じてほしいです(o・∇・o)
甲田ちゃんはとりあえず日常的に面白い子です(笑) なんか中島先輩と齋藤が増えた感じ……(震え声) でも、長い時間演劇をやっていただけはあって本当に素晴らしい演技をすると思いました。甲田ちゃんワールド全開で頑張ってください!(  ´ω`  )/
佐藤くんは、とりあえず稽古の後半あまり佐藤くんのところできなくてごめんね……。ずっとセリフ覚えさせちゃってごめん…(  ´ཫ`)それに北川に関しても変な例えでキャラ説明してしまったけど、聞いてくれて実践してくれて本当にありがとう!自信満々の北川で他の登場人物を振り回してください!!«٩(*´ ꒳ `*)۶

(これ書いてて、公演後に書くべきじゃね?って思ったけど……。まぁいいよね。)

2年生達も何やかんやでついてきてくれてありがとう。いつも通りの皆で頑張ろう(˙꒳​˙ )͟͟͞͞ =
3年生達はスタッフという立場ながら支えてくれてありがとうございます。今回は誰も舞台には立ちませんが、後ろから我々後輩のことを見守ってくれると有難いです( * ॑˘ ॑*  ) ⁾⁾

(えっ?2年生が少ない??気のせいだよ!!)

さてはてだいぶ長々と書いてしまいましたね。泣いても笑っても残すは当日のみ!!!
俺は俺なりに仲ちゃんワールドぶっ飛ばしで頑張りたいと思います!!!
皆さん応援の方お願いします。楽しみにしてください!!!

では!!英気を養うためそろそろドロンしますね!!
《鶴見大学演劇部 劇団Bee-VOICE 新人公演 開幕!!!》

こんにちばんわ。
今日授業で使わないのになぜか和漢朗詠集を二冊持ってきてしまった本間です。
2冊あると二刀流みたいで強そうと思っていたのですがある先輩にばかにされました。
なんででしょうか???
いかそうめんくれるいい先輩なんですけどね...

今日の稽古は確認したいところをひたすらやった感じですね。
1年生がどんな演技をするのか楽しみにしてて下さい。

ところでこれが公演前最後のブログということで意気込みをしようと思います。
今回の公演では照明担当の私ですが腕がもう1本欲しいと思うので増やしたいなと思います。FIRE!!!


ということでこれで終わりにします。
7月7日5-101でお待ちしております。

このページのトップヘ