劇団Bee-VOICE 稽古場日誌

日文2年兵藤です

平成28年度紫雲祭公演『賢治島探検記』にご来場いただいた皆様、ご来場いただけなくとも応援してくださった皆様、お手伝いしてくれた方々、共演者、本当にありがとうございました。皆様のお陰で本年度の紫雲祭公演が実現しました。

大成功だったと思います。文学的でありながらエンターテイメントな脚本に、歌や舞台の使い方や演出など様々な新しい試みを乗せました。

そして役者陣。全員、今までのどんな稽古よりもベストな演技でした。1ステのみだからこそ悔いなく演じたいという想いを感じました。最高でした。



兵藤は、ゼミを率いる大学教授、セロ、銀河鉄道の語り部、ブルカニロ博士を演じさせていただきました。

宮沢先生の童話を元にした戯曲を扱うにあたって、どうしても不可避なのが宮沢先生について学ぶことです。長きにわたり愛され、扱われ、読み解かれた宮沢先生の作品には実に様々な解釈があり、宮沢賢治という人間を考えるにあたっても様々な考えがあります。

童話を読み、解釈を調べ、自分なりに咀嚼して色々考えた結果、考えがまとまらず、結論とにかく宮沢先生のことを大好きな人でいて、宮沢先生の童話を演じることに喜びを感じていよう。と思いながらやりました。



ゴーシュ、ジョバンニ、カムパネルラ始め、様々な登場人物たちの生き方を見て
演じて感じて、そして宮沢先生という人について考えることで自分自身なにかが変わってなにかを得られた気がします。

ご来場いただいた皆様はいかがでしょうか。銀河鉄道には乗れましたでしょうか。ふとした時に今回のお芝居を思い出して、なにか豊かな気持ちになっていただけたら幸いです。



本当にありがとうございました。また劇場にてお逢いできることを心よりお待ちしております。

IMG_1747

本当です。
劇中で「酒酒」言ってましたけど、私お酒なんか一滴も飲めません。
というわけで、本番後は本当の酒豪である同期にこの役を譲りました←

遅ればせながらゲストとして参加せていただきました、OG4年の前山です!

ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました!!!!


初めは去年卒部した身なのに堂々と出てしまってお客さんの反応が正直不安でしたが、「良かった」「存在感が出てた」などと有難いお言葉をかけて頂いてビックリしました。ありがとうございます。


今回の裏話は前回のブログに載せちゃったので省かせて頂きます。なので私の今回の公演に対する思いの丈等は前回の私のブログを見てください。


かっつん、カヤちゃん、卒部おめでとう。

そして現役のみんなと藍ちゃん、そして照明音響スタッフとして関わってくれたタカシふるやんも本当にありがとう。

最後にみんなと共演できて本当に楽しかったです。


もう悔いはないです。やりたいと思っていたこともできたし、心残りなこともできたので。

もしこの言葉を言ったにも関わらず有志に出てたりなんかしたらその時は文句言いまくって頂いても構いません。(笑)まぁ、しばらくは無いと思いますが。(笑)



さー卒論と就活(とダイエット)頑張るぞー(震)



白は未だ見ず 頰つつましげ







……………?














百人一首6番かと思ったか!!!
俺だよ!!!!!!




はい(´・∀・`)というわけでね。
どうも藤森です。

終わりましたね紫雲祭。
それもこれも、舞台の上で 下で我々を支えてくださったOBOGを含めた先輩方、同期、後輩たち、そして何より応援してくださる皆さまのおかげでございます。

今回初めて、バイト先の人とかも来てプチビビってた藤森ですが、感謝感謝です。



さてさて、今回私は色んな役を務めさせて頂きました。

若紳士、親ねずみ、マルソ等、作中で名前が出でくるキャラクターもそうですが、ほとんど出てこないようなキャラクターも含めると結構な数になりますね。
でもその分、お客さんに見えないところでの移動が多いのなんの…

顔中粉まみれで照明いじったりしてましたからね←


んでもって、重ね重ねですが今回は、我らが部長 勝浦先輩と、可愛い後輩ちゃんその2?の萱森の卒部公演でもありました。

お二人ともお疲れ様です。

かっつん先輩には二年ちょっと。かやには約半年の間お世話になりました…







あんまり話すとしんみりしちゃうので手早く切り上げます←
(´・∀・`)




お別れは、お気に入りの集合写真で!

ではでは〜

IMG_1765

こんにちは!
好きな日本昔話は因幡の白うさぎ派の古屋です!


初めましての方は初めまして。
お久しぶりの方はお久しぶりです。

卒部したOGが出張って、ブログ書くことになりました。嬉しさ半分ビビリ半分の気持ちです(笑)


紫雲祭公演が無事に終了しました。
ご来場いただいたお客様には多大なる感謝を述べたいと思います。
本当に、本当にありがとうございました!!
後輩たちやゲストたちが作った舞台を、楽しんで頂けたならば幸いでございます。

それから卒部する勝浦、萱森、本当にお疲れ様でした。

それから現役として活躍する後輩たち、次は君たちが主役だよ。頑張れ。



さて。
ここからは舞台を降りたお母さんのこぼれ話。

実は私、後輩たちが作り上げた舞台を袖からも見てました。最初は客席、最後だけ舞台のお手伝いです!

舞台の端っこからカーテンコールを受ける後輩たちの輝きを見て、誇らしい気持ちでいっぱいでした。
「あいつらは最高の後輩たちだっ!!」
と、隣近所に触れ回りたいくらい。後輩たちがたくさんの拍手を浴びているだけで、お母さん涙ちょちょぎれます……(嬉涙)

その後の片付けを思い出して涙引っ込みましたけど(笑)
お母さん、みんなが育っていく姿が見れて幸せです。幸せ者です。



これから彼らは、新生Bee-VOICEを作っていかねばなりません。
新しい羽音を響かせる蜂声を、これからもよろしくお願いします!

では最後に、恒例の写真で〆たいと思います。

それでは!!

IMG_1781

 朝方目が覚めたらツンと寒さが肌に刺さる様になりました。冬の始まりですね。

 10月23日(日)に鶴見大学演劇部劇団Bee-VOICE 紫雲祭公演が行われまして、皆様の御声援のお陰で無事に公演を終えることができました。ご来場頂きましたお客様そしていつもあたたかい御声援を送って下さる皆様本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

 今回の舞台では宮沢賢治さんの童話を題材にしました賢治島探検記という戯曲を行いました。正直最初はとても不安でした。しかし稽古を重ねていくうちに徐々にその不安は消えていき。最終的には絶対成功する!と確信することが出来ました。それは信頼出来る仲間とだったからです。今回の舞台では私は大きく成長出来たと思っています。そして様々な課題も痛感することが出来ました。これからその課題としっかり向き合っていかないといけないと心から思いました。まだまだ俺なら出来る成長出来る。もっともっともっと出来る。どんどん成長していきたいと思います。

 そして、勝浦先輩お疲れ様でした。これから就活が待っていると思います。しかし勝浦先輩なら絶対に大丈夫です!!だって、個性豊かな演劇部を部長として引っ張っていたからです。もし、少し疲れたなら演劇部に来て下さい。更に疲れさせますから(笑)そして萱森も今回卒部になるみたいですが、そんなことは関係ありません演劇部の公演に出ていただきますからね(笑)ってのは嘘ですが時間があるときは是非一緒に舞台に立ちましょう。

 そして今回も多くのOBOG の先輩方に支えられました。皆様のお陰で無事に公演が終わりそして、私達は舞台に集中することが出来ました。ありがとうございました。これからも是非よろしくお願いいたします。

そして、皆々様本当にありがとうございました。

P.S. 先程私はどんどん成長していきますと言いましたが男としての成長は全くしておりません。なので男として成長するために

毎日牛乳飲みまくる

このページのトップヘ