劇団Bee-VOICE 稽古場日誌

[めぐる春夏秋冬終わる、1095日 それは幻の様に通り過ぎてしまうのか ゴーストの様に、消えて行くのだろうか けれど、桜の様に未来へ、再び花開く予感を残して、卒部、おめでとうございます(仲田)]
 
おはこんばんにちは。私です✋(◉ ω ◉`)
紫雲祭公演終わりましたね……ようやく…。色々とあったけど楽しかったな〜(*´꒳`*)
とりあえず、1枚パシャリと

公演お疲れさまでした

とりあえず、タイトル…長いし、パク……オマージュしてるし、季節感でいえば全く違うしで、なんなりですけど気にしないでください…お願いします…(白目)


いやぁ、ここまで来るのはとても大変でした_(:3」 ∠ )_ 夏休みは先輩方のインターンなりなんなり被ったりで人が集まらなかったり、栃木に帰りたい欲が強くなったり、私情と私情がぶつかり合って織り成す「バトルロワイヤルファンタジー系アニメ(嘘)」があったりと……。

次回!!!
「本番まで死ぬか生き残るかはお前次第だ!!」

………。次回もくそももう公演終わっとるんだよな〜…………_(:3」 ∠ )_

ではなくて、ですね!!まぁ色々あったとは言えども結果がよければ全て良しですからね!良かったのではないかと思いますよ(*´艸`) (みんながみんな結果良しと思ってるかは……怖いね!!_(:3」 ∠ )_ )

ピースピース

てか、この写真良くないですか??パネルを置いた時にテンション上がってた時の写真ですね、確か。
こんな感じで、稽古も楽しくできたり、色々と演劇について少しだけとはいえどもわかるようになってきて自分のためになった紫雲祭公演だったのではないかと思いました(*´꒳`*)


今回、駅長兼父親役をやってみてキャラが掴めなかったり父親ってどうやるんだよ!!なんて思ったりと悩む時が多かったですけど、個人的にはとても全力で駅長と向き合い、演じることに取り組んできました!!前回のオオクボさんとは違う楽しさがあって、新鮮な感じもしてこういうのも良いんだな〜(でも、もうダンディ(?)な父親は…いいかな…)なんてことも思ったりしました(´^ω^`)

最後に、半年くらいでしたけど演劇部の先輩として、引っ張ってきてくれた卒部してしまう2人の先輩方に感謝とお疲れ様のお言葉をですね。
えっ…言う?書く?なんか恥ずかしいし、2人とも見るか分からないけど…書くかぁ〜(はよ書け)

「先輩方は、俺がなにかやらかした時とかに精神的にも、仕事の面でもたくさん助けて頂き本当にありがとうございました。この短い期間だけでどれほど救われたかなんて、分からないくらいです。(どれだけやらかしてるんやねんってな((てへぺろ)) )これからは先輩方が残してくださったものを大切に残せるように努力したいと思います。(言質は取らないでください。) 今まで本当にお疲れ様でした。今までの疲れをたくさん休めてこれからの先輩方の将来、未来のために全力を尽くしてください。本当にありがとうございました。」

ありがとうございました!


以上!!みんなのアイドル仲ちゃんによる紫雲祭公演、振り返ろう兼お疲れ様ブログでした!!!

《紫雲祭公演、お疲れ様!!乾杯!!🍻》

…ボッチじゃないよぉ〜(・ω・`)

ついに紫雲祭公演が終わり、次の公演は来春の新人公演となりました。

今年で卒部される先輩お二方には、短い間でしたが沢山役者としてのアドバイスを頂きました。
もちろん、稽古でフォローをしていただいたことも何度もあります。

また、稽古の時間だけでなく、活動時間までの間にみんなで部室でワイワイ騒いだり、活動後ご飯に連れて行っていただいたりと、色んなところでお世話になりました。ででどんこの顔よ

さて、新人公演後から紫雲祭公演までを振り返ってみると、私は台詞を覚えるのが遅く、それが原因で他の部員に迷惑を掛けっぱなしでした。
そのため、本番まで本当に心配で、不安で一杯でした…。

でも、色んな人の支えもあり、いざ本番を迎えてみると、舞台に初めて立った時のように、とても、楽しかったんです。

新人公演の時は、上手くやらなくちゃと思いすぎたところもあり、楽しめない部分もありました。でも今回は半分ヤケになり捨て身で挑んだことがいい方向に転んだのか、とても楽しめました。
また、卒部する先輩方の本気の演技が、私や他の団員を強く勇気付けてくれたということは言うまでもありません。

この公演で、先輩方のアツい演劇魂が、私たちみんなに継承されたと感じました。


本当に最高でした。

以上、興奮冷めやらないかえるでした。あなたに名乗る名前はなーい!

えー、はい、なんとか紫雲祭公演終了致しました。
役者、スタッフの皆さんお疲れ様でした!

前回の新人公演は初めての役者、そして今回の紫雲祭公演では初めて音響をやらせて頂きました。元々、音響機材への興味で入部したので、今回音響の機会を頂いたのは非常に嬉しいのですが……。なんですかね、今更何言っても過ぎた事、言い訳にしかならないので
多くは言いませんが、自分のバイト問題、欠席問題、その他諸々が酷すぎて、多方面に多大なご迷惑をかけてしまい、正直素直に楽しいとは言えませんでした。ネガティブなことばかり言ってますけど、本番も準備も楽しかったことはちゃんとありますよ!本当に!客入れ音楽で盛り上がってたりとか、音響の操作とか、大道具の準備でドライバー触ってた時とかとにかく楽しかったですね。
やっぱり機械って楽しいなぁと、音響機材なんて普通に生きてたら触る機会なんてそんなにないですし、本当にいい体験だったなと。

機械だけじゃなくて、演劇の方もやっぱり楽しかったです。前回演劇初挑戦で予期せず役者をやらせて頂くことになり、そこで演劇の、役者の楽しさを知り、今回では音響としての楽しさを知りました。舞台袖から見る舞台の光景は、通常見ることの出来ない光景ですし、本番でも、役者とはまた違った忙しさがあって。USBとCDの切り替えで焦ったり、音量の調節でバタついたり、役者にセリフ飛ばされて慌てたり、でもそれが楽しかったりして。
大学に入って初めて演劇に触れていますが、本当に楽しいです。個人的に、前日準備や本番の独特の緊張感が大好きです。あの時間、あの空気を体験できただけでも演劇を初めて良かったと思います。

なんか自分らしくない湿っぽい文章になってしまったので、この辺で。

集合写真


最後に、前日お泊まり会組へ

W山先輩、下ネタ大連発本当にすみませんでした。
H間先生、勝手にMonster飲んじゃってごめんね。
N田君、飲み物こぼして部屋汚しちゃってごめんね。

さてさて、
日付変わっていよいよ本日が本番です。
残り…ないや!n
テンション狂いそう。

前日準備ではカーペットを敷いたり、背景幕を吊るしたり、照明の灯体を動かしてみたり、パネルを設置して固定したり、音響チェックして照明チェックして立ち位置確認して通し稽古して………
VeryVery盛りだくさんでした
顔文字カーニバル
いつもなら舞台設置類は私が怒鳴り散らかして1人であっちにこっちにしてるのですが、
今年は2年の仕事ぶりと1年のアシストによりだいぶ楽でした(  ´ཫ`)

新人公演の時は前日当日共に自分のことが終わってないのに「かや先輩!!!」とあっちにこっちに呼ばれ、正直「私だって役者だし、みんなのお世話係じゃないのになんで」ってゲネ直前にこっそり泣いたりもしてました。誰にも言ったことなかったけど( ˙꒳˙  )
今回はそんなことなさそうですね。

彼らの成長ぶりを感じました(´-ω-`)


安心して卒部できるなぁ。なんて。
あと13時間、やりきって見せますぜ。

さて、紫雲祭前最後というか前日のブログです。これを書いているのが、20時くらいなので、あと17時間後くらいには始まってるんですよね、怖いですね(震え声)

正直今めっちゃ長くブログ書いたら、公演後のブログで書くことなくなりそうなので、このブログは短めに。

これが僕の演劇の集大成になるかもしれない舞台です。明日の僕はどうなっているのか、…まぁ僕次第ですよね。カチカチにやってミスするくらいなら、やりたいことやりたいですよね。…やりたいですね。

…以上。あとは終演後のブログで!


明日だよ


このページのトップヘ