劇団Bee-VOICE 稽古場日誌

漫画家かなんかなんですかね、気がついたら今週全部何かしらの締め切りがある伊東です。

今日は舞台の広さを確認する作業でした。
いちいち測るよりもそのものがあるんだからそれに引っ付ければ速いのでは?
という私の提案によりサクッと済ませました。
まぁこれ、とある先輩が腕にスズランテープ巻き付けて長さを測っていたのを応用しただけなんですけど。
使えるものは使っていきましょ?

今回の舞台は家族がテーマなので、アドリブがしやすいみたいで、
気がついたら役に沿った話になってて、すごいなって思いました。
私には多分できない。頑張れ。
スタッフは応援しています。私も頑張らねば。

ではでは。

どもどもー

今日はスタッフメンバーばっかり集まっちゃったので、がっつり音響照明をつけました。

 

各部門でスタッフを考えるのは楽しいんですが、そのあと合わせてきっかけの都合を調節するのって結構労力いるんですよね。「音が流れたきっかけで照明変化して、照明がスポットに切り替わって、切り替わりが終わったら今度音のボリューム上げて暗転して、音フェードアウトしたら照明カットイン」みたいな感じで。わけわかんなさすぎて毎回大変。

まぁそれが醍醐味なのもあるんで好きなんですけども。

 

頭痛と戦いながら音決めをした伊東。

台詞覚えながら照明までも覚えた安西。

おつぽよりんぬ!!!

 

 

私が口を出すのもここまで、

あとのオペは2人に託しましたぞ٩( 'ω' )و

どーもです。やることが複数あって、何をやるか迷っていたら時間が過ぎている毎日です。

脳の容量がどんどん少なくなっていて、台本が経験を積むごとに覚えられなくなっていて困ってます。誰か脳の容量増やす道具出してください。もしくは寝たら頭に台本が入ってるよ!みたいなやつが欲しいです。

さて、次回のサ◯エさんは
動きへの悩み
台本紛失
若山の土下座
の3本です、お楽しみに。

今日は、衣装合わせを行いました。

涼しいを越して僅かに肌寒い日でしたが冬物の服は幾らなんでもやっぱり暑いですね…。

 

これは個人的な感想ではありますがピンク色の服なんて滅多に着ないものですから違和感が半端じゃなかったです。

おまけに何度も着たり脱いだりを繰り返すので買い物に行った時の疲労感に近いものがありました。

 

稽古の方では独りで読むよりも当たり前ながらやった方が分かることも多く笑わないようにするので必死だったり

課題が山積みです。

 

兎にも角にも二十代最後頑張ります。

 

以上、中島でした。

おはようございます、こんにちは、こんばんは。初めましての方は初めまして。

 

北見大和(キタミヤマト)と申します。平成29年度紫雲祭ブログには初登場になります。

 

まぁ今年の新歓公演にもお呼びいただき、去年までは兵藤俊介としてガンガン出たりスタッフしていたのですがっっっ。

 

この度、また呼んでいただきました。出番も科白もめちゃくちゃな量の役です。今んとこ吐きそうです。頑張ります。

 

 

 

実は、演劇集団キャラメルボックスという団体の、俳優教室という養成所的なとこで、演技の勉強をさせていただいておりまして。

 

スケジュールがそこそこ被ってまして、本日が読み合わせ以来初参加となりました。

 

休んでる間に、現役が広報をやってくれてたり、舞台の枠組みを作ってくれてたり。感謝です。OBとしてゲスト出演的な立ち位置なので、あまりそこら辺には口出さず、演技で返せたらいいなぁと勝手に思っております。頑張ります。

 

 

 

恐らく、いやきっと、いやほぼ確実に、今回が鶴見に立つ最後の舞台になると思われます。

 

昨今のBee-VOICEで、万が一北見のことを気に入ってくださった方などいましたらば、ぜひご来場ください。

 

ではっっっ

このページのトップヘ