劇団Bee-VOICE 稽古場日誌

2012年10月

こんにちは!昨年の11月から部長を務めさせて頂きました、3年の青木真夕です。

去る10月27日の紫雲祭公演にご来場くださった方々、お手伝い頂いた皆様に、厚く御礼申し上げます。



…堅っっっ!
と、言うわけでここからは少しくだけた感じで話させてもらいます(^^)

特に公演のカーテンコールでは何も思い浮かばず、あーとかうーんとかしか言えなかったのでブログで語らせてもらおうかと(´∀`)
(ちなみに強盗の京子役でした)

ようやっと終わりました、紫雲祭公演。
Bee-VOICEの3年生にとっては現役最後の公演です。

1年生の時はスーパーウーマンの木村先輩が卒部し、2年生の時は私にとってのムードメーカーである先輩方、稲葉先輩、杉山先輩、細田先輩が卒部する姿を客席の後ろから見ていました。

実は、私と同期の岡本は紫雲祭の舞台、ホールに立つのは今回が初です。

一昨年は音響を志願したのですが、昨年は後輩に役をぶんどられました(^ω^ )ええ、悔しさのあまり後輩の靴の中に画鋲を入れようとしました(嘘)

悔しさを覚えるほど、ホールでの公演は特別なものでした。

いつもは体験できない広さの舞台だし、何より卒部される先輩と一緒に立てるこの公演は年間最大のイベントです。

そんな紫雲祭公演、私は京子という役で登場しました。
強盗を演じている俳優、という設定で、感情がとても豊かな女性でした。
この役はほんとに楽しくて、先輩や友人にハマり役って言ってもらえました(o^∀^o)

愛着があるキャラなので、本番が終わった後も、台本を読み直して思い出に浸ろうと思います(・ω・)


稽古に関しては、今回は準備が遅かったりいろいろ重なったりして難航しました(>_<)

ゲネ(仮本番)まで通しがほとんどできなかったり、大道具に苦戦したり。

原因はスケジュール管理しきれてなかった私にあるんですがね!(泣)

改めて紫雲祭公演の恐ろしさを思い知りました。。。

そんな今公演を支えてくれたのは、演出と同期、音響・照明、共演した後輩、忙しい中お手伝いに駈けつけてくださった方々でした。

難しいことを文句もなく引き受けてくれる人たちがいてくれたから、無理だと思っていた紫雲祭公演をなんのアクシデントもなく終わらせることができました。

演劇部だけじゃなく、ソファをゆずってくださった後輩のご親戚の方、ホールでの練習日をゆずってくださっただんすぶの皆さんにも本当に感謝感激です(*^o^*)


この公演が終わり、Bee-VOICEは新たな活動を始めます。
そこに私たち3年生はいませんが、この劇団のシンボルである大きな声を携え、元気にやっていってくれることでしょう。

Bee-VOICEに入ってから変わった!と自分でも他人からも言われる人材が育っていってくれることを願いまする。


長々と語ってしまった(^^;)
ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

それでは改めて、ご来場くださったお客様、先輩方、お手伝いくださった方に感謝を込めて!

礼っ!!

こんにちは、横山です。

紫雲祭公演終わりました!


本番前日に客席の上の調光室というところに入らせてもらい公演中はずっとそこで照明の操作をしていました。

今まで舞台の袖で操作していたので舞台がよく見え1人で喜んでたんですがいざ操作してみると難しい…。
無事終わってよかった…!


そしてこの公演は卒部する先輩たちの最後の公演でした。

短い間しか一緒に稽古ができなかったですが、凄く楽しい半年間でした。
今までありがとうございました!


沢山のお客様、友人に来て頂き本当に感謝でいっぱいです。

あっという間の2ヶ月でした。

紫雲祭公演ご来場頂きありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します!


こんばんは、岡本です。

紫雲祭公演、無事終了しました!

お越しくださった方々、お手伝いに来てくださった方々、ありがとうございますm(__)m

あんなに稽古期間が長いと感じたのに、終わってみるとあっという間だったように感じます。

反省点は多々あれど、一先ず無事に終わって安心しています。

紫雲祭が終わり、引き継ぎが完了したら私達は本当に卒部することになります。
ようやく終わったと安堵すると同時に、まだやめたくないとも思ってる自分がいます。

何度もやめようかと思いましたが、青木にうっかり「やめない」と宣言してしまい、ここまできました(笑)
今日、公演終えてやめないでよかったと本気で思っています。

先輩にも同期にも後輩にも体調面でかなり迷惑をかけました。
それでも一緒にいてくださって嬉しかったです。

私を支えてくださったすべての方に感謝します。
ありがとうございました。

谷山役の岡本でした!

本文 本公演で卒部になりました、小沢です。
この公演をなんとか終えることができ、ほっと一安心してます。
 
あっという間に3年生になり、もう卒部ということになりました。
ずっと演劇部として公演をやってきて、まだ次の公演がある次があると思っていたらいつのまにかもう次はなかったです。

本当にこの演劇部での3年間というのは充実していて、自分の大学生活で一番印象に残っているものになりました。
大変素晴らしい先輩方と頼もしい後輩達と一緒に3年間過ごすことができてありがたいです。
今後もこの経験を活かしていけたらと思っています。
一度でも観に来てくださった方々、本当にありがとうございます。

今後、後輩が演劇部を引っ張ってより良い部にしてくれると願っています。

紫雲祭二日目超楽しかった!!
豚汁に雨粒入ったけど(´・ω・`)

紫雲祭公演、無事終了致しました。観劇に来てくださった方々へ、本当にありがとうございました!

9月から始まって、約一ヶ月ちょい…長かったような短かったような、毎度のこと終わってみると不思議な感じです!卒部の方々、今まで本当にお疲れ様でした!!

…閉場のあと、一瞬誰もいなくなったホールを見て、「自分は来年頑張る!、自分は来年!」と1人強く誓ってました。やらなければならない使命、達成しなければならない目的、そこから新しい第一歩を踏み出さなければならないから、自分は来年、全身全霊でやるんです!!演出でも主役でもどちらでもやってやる!!!という気持ちでいっぱいです!!

あと一年…本当に待ち遠しいです。


このページのトップヘ