劇団Bee-VOICE 稽古場日誌

2016年04月


勝浦です。
無事に2日目が終了しました。
お客様は今回満員御礼でございました。ありがとうございます。
心の底からありがとうございます。
舞台に立ってお客様の人数に驚きました。そしてとても嬉しかったです。


さて、今回演じましたパスト君という役ですが、またこれも難しい役でした。
アンドロイドなんだけど動きはそんなにカクカクもしない、人間みたいな動きもするけどロボットではない。
その動きを表現することが難しかったです。
でもこの役、とてもいい役です。純粋と言いましょうか、こういった役だからこそできる動きがあって、演じていると若返ったような気分になります。

今回の劇の影響として、劇中で流れる歌、古川本舗「グレゴリオ」をきくと、自然と涙が流れるようになりました。
劇が終わった後いい曲だったなぁと思い聞いたのですが、止めどなく涙が溢れてしまいました。
刷り込みというやつでしょうか?

さて、これが終わったら、もうすぐに新人公演が始まります。
一年生が入ったら、また頑張っていきます!
はてさて、どんな劇になるのやら……。
ドッキドキのワックワクですね。



余談なのですが、差し入れで願いが叶いました。

ワ タ パ チ です。

ワタパチを差し入れで大量にいただきました。
幸せです。
モフモフ……パチパチ……
これが人生の幸福……なんでしょうね。


以上勝浦からでした!


本番最終日、終わりました…すごく長かったような、あっという間だったような、そんな感じがしました。
朝は1日目より緊張はしていなかったのですが、開場してから多くの人の話し声が聞こえて、一気に緊張してしまいました。そして…やらかしてしまいました…
袖でオロオロしてしまい、結局なんとかなりましたが、かなり凹みました。ですが、その後はミスがなかったと思います。
皆さん、本当にお疲れ様でした!

今まで演劇は見ることしかしてこなくて、つくる側に回ったのは初めてだったのですが、とても楽しかったです。今回の公演、役者の方々の演技が素晴らしく、とてもいい作品だと思っています。そんな素晴らしい作品に自分が関われたことが、とても嬉しく誇りに思います。
これからも、関われていけたらなと思っています!

みに来てくださった方々、アドバイスをしてくださったOG、OBの方々、本当に有難うございました!

どーもさんです!藤森です!

昨年の紫雲祭で先輩方が卒部してしまい、勝浦部長と演出兵藤の率いる、新入生歓迎公演が無事終了いたしました!!
\ハイ拍手/

一緒に舞台を作ってくれた現役メンバーだけに留まらず、お手伝い頂いた川名さん、舞台外でお手伝い頂いたOBOGの皆様、他にも今回の公演に携わって頂いた関係者の皆々様には感謝の気持ちでいっぱいです!

そしてそして!ご来場頂いたお客様各位には、この上ない感謝をいたしますっっ!

もちろん、今回スケジュールの都合などで来られなかった方々も、今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

新入生の方々も!公演観れてなくても遊びに来て良いからね!ウザい先輩が待ってるよ!!←


……そんなこんなで。
24日に書ききれなかった感謝を列挙させて頂きました(´・∀・`)

いやもう、あっという間でしたね!メインが5人でもなんとかなるもんなんですね!!!

とはいっても、実際先ほど述べたようにOBOGの方々の協力なくしては成り立ちませんでした…本当になんと御礼を言ったらよいか…

今回はいつもの公演終了後ブログよりも感謝30%増しですね(当社比)



初めて立った舞台での久々の公演は、やはりどこか懐かしい達成感がありました。

羽化登仙という言葉は、酒に酔うなどして羽が生えたような心地よさに、天に昇天する仙人のような気持ちになる事を言うそうですが、24日の1回目公演に比べると、30日は本当に多くのお客様にご来場いただくことが出来まして…

まさに、羽化登仙の思いでした。

まだお酒飲めないんですけどねッッ!←



休む間もなく、次は新人公演です。
昨年の自分のように、新しいことづくめでワクワクの新入生を迎えると思うと感慨深いものがありますね。

今年はいったい何人来ることやら…
(´-`)

それでは!
新学期にGWにと、何かと出費のかさむこの時期ですが!

お財布からお札が羽を生やして飛んでいくのを白目で見つめる藤森がお送りしました〜!







嗚呼、登仙登仙…

2016年度新歓公演
Mr. my friend No.nine
が終演いたしました。演出、音響、ダンス振付、前説やらやりました日文2年兵藤です。

Bee-VOICEの特徴として選曲は音響が、照明プランは照明が考えて持ってくることが多いのですが、今回演出として全てやらせていただきました。役者の演技プランは基本的にお任せスタイルだったのですが、後半はそこそこ指導しまして。なので今回の舞台で至らなかった点は全て兵藤の責任でございます。ご意見ご感想、まだまだ送ってくだされば心身に染み渡ります。よろしくお願いします。脚本の内容に関してはお借りしたものなのでなにもできませんがっ。

ダンスの評判は軒並み良くてよかったですがいらなくね?というご意見もありました。ごもっともです。もっと研ぎ澄ましたかった。

音楽に関しては賛否両論。歌入りの曲は好み分かれますね………ナインの死ぬシーンなんかはとても評判が良かったです。盛り上げどころのシーン以外は歌入りじゃなくてもよかったんじゃない?というご意見。確かに。暗転が多かったので悩みました。

普段あまり舞台を観ていない、なんなら観たことないという知り合いも結構来てくれたのですが、非常に観やすかった、なんなら短くない?というご意見もありました。とても嬉しい。逆に観慣れてる方々にはちょっと物足りないといいますか、色々気になる点を残してしまうものとなってしまいました。悔しい。数年ぶりの演出でしたが難しかった。

次回の公演はどのような形で参加するかはわかりませんが、尽力したいと思います。そして今回、ご来場いただいた全てのお客様、お手伝いいただいた関係各位、兵藤と共に走ってくれた仲間たちに

心より、ありがとうございましたっ!!!

image

 暖かい日差しと青く高い空が夏の近づきを感じさせてくれますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 4月30日に平成28年度鶴見大学演劇部劇団Bee-VOICE新歓公演千秋楽公演が行われました。客席が満席になるほどのお客様に御来場頂きました。御来場頂いたお客様に御礼申し上げます。お客様の心に少しでも何かを残せたのならこれ以上の幸せはありません。本当にありがとうございました。

 そしてお忙しいなかお手伝い頂いたOBOGの方々、本当にありがとうございました。皆様のお力添えにより無事に無事故に公演を終えることが出来ました。そして皆様のおかげで私達現役メンバーも安心して舞台に臨めました。重ねて御礼申し上げます。

 私は高校の時に演劇を始めました。高校に入学するまでは野球をやっていたのですが高校に入学して心機一転演劇部に入部することにしました。そして人生で初めて自分の意思で観劇に行ったのが高校の演劇部先輩がいた鶴見大学演劇部の公演でした。そこで見た光景は私にとってとても新鮮なものでした。舞台があり輝く照明がありセットがあり生き生きと演じている役者さんがいた。そして私はその時あんな舞台で演じてみたいなと思ったのを覚えています。そして気が付いたら鶴見大学に入学して演劇部に入部し同じ舞台に立っていました。

 まあ、そんな訳で舞台が無事に終えることが出来て、新入部員も入部してきます。なのでさらにパワーアップしたBee - VOICE を田村誠也をお見せ出来るように精進して参ります。

P .S. 先程私は更にパワーアップした田村誠也をお見せ出来るようにと言いましたが男としての田村誠也は元々パワーなどありません。なのでパワーをつけるために

腹筋三日は頑張ろう

このページのトップヘ