新人公演が終了しました!見に来ていただいたみなさん、ありがとうございました。どうでしたか?1年生は一生懸命で初々しかったでしょうか?若いって素晴らしい(*^o^*)
ホント楽しかったなぁ、と振り返っていると、そういえば入部してから一年経っていることに気がつきました。早い。この1年で自分ってなにが成長したんだろう?芝居に関することって、なに一つ形として見えることがないから、技術とか演技力なんてのは全くよくなってるかわからないですよね。ただ、さぼってることはわかる。なんともたちの悪い。だからこそ、一公演終わったあとの次の公演までになにをしておくかが重要なんだと思うわけです。芝居を見に行く、基礎の鍛錬、台本探し…すること盛りだくさんです。
次の紫雲祭公演が、演劇部部員としての自分の最後の本公演になります。
悔いの残らないように、というといつもああしておけば、こうしておけばとなるので無理だから、せめて最後に相応しい公演にしたいと思います。
“昨日の自分より一歩前を歩ける竹俣でいたい”を目標に頑張っていきたいと思います^o^ノ