…多分最後のブログですね…。

 まずは御来場下さった皆様ありがとうございました。多少のミスはあったものの、なんとか公演を終わらせることができました。それができたのは部員全員が頑張ったからこその結果だと思います。

 この公演は僕達(2人)の集大成です。もちろんこの本番を迎えるまで、色々な事件がありました。けれどもそれを乗り越えてきて、僕達はここまで来ました。これはいつも僕が言ってる言葉ですが、「演劇の練習では正解は出ない。本番にやったものが正解だから」…つまり今回の本番でやった劇が僕らが辿り着いた正解です。

 さて、何故最後のブログがこんなタイトルなのか、「彼ら」とは一体誰なのかですが、「彼ら」というのは僕がこの部活に入って演じてきたキャラクター達です。

ダレン、ゼミ生、悪魔、今井、幸、明日人、カシオ、山田。

まさかの全公演役者だったため、こんなにも多いですが、彼らが僕にくれたものはとても大きかったです。

 では逆に僕は彼らがくれた分、誰かに返さなければなりません。そう、部活の後輩達です。僕は後輩達に何を残せたでしょうか。むしろ僕は後輩達に助けられてばかりでした。こんな頼りない部長についてきてくれた後輩達に感謝しかありません。先輩らしいことができなかった。それが悔しくてしょうがないです。

 そんな僕もついに卒部です。長いようで短かった2年半でした。なんだろう、肩の荷が下りた半分、なんか寂しくてやり残したような気持ちが半分です。これからは今の1・2年生が主体となって部活をやっていきます。このブログを見ている皆様、どうか後輩達を温かい目で見守ってあげてほしいです。

…以上!!なんからしくないことをたくさん言ってしまったような気がしますが、最後だから許して()

ps.かやもりそつぶおめでとぉ。これからもがんばってねぇ。おうえんしてる。目指せ月給20万円以上!