おはようございます。こんにちは、こんばんは。
中島です。
無事、紫雲祭公演が終わり秋感を感じる間もなく冬の気配を感じる今日この頃…。

去年の新人公演より紫雲祭、新歓と公演を重ねていき今回が5公演目となりました。先輩方と舞台に立つのもこれで最後だったわけですが寂しいとかよりも違和感の方が大きい気がします。
まあ、そういった引退やら卒部やらはやるせない気持ちと共に記憶の隅へ置いておきましょう。

突然ですが、今回ご観劇下さったみなさんはご存知かと思いますが大五郎(安西)駅長(仲田)光(萱森先輩)にはそれぞれめちゃ笑うとこあったんですよ。あれをパネル裏で聞く度に自分の新人公演思い出して……笑えなかったなぁってしみじみ思いました。と共に、みんなすげぇなって。
笑いにも色々ある訳ですが…あ、奈津美(齋藤)も笑ってたね。(ごめん)顔を見合わせて笑うとか大爆笑っていうのが苦手で……。なので、本当にみんな笑っとるなぁって思いながら公演をドラマCD感覚に聞いていましたよっていうお話です。(長い)
私の好きなシーン

是非、次回の公演でもみんなには演技の笑いをしてもらいたいな。

最後となりましたがご助力下さった先輩方、ご観劇下さった皆様、誠にありがとうございました。
そして最後まで読んで下さりありがとうございます。

今後の公演もご観劇頂ければ幸いです。