劇団Bee-VOICE 稽古場日誌

カテゴリ: 2019紫雲祭公演

「おはよう!会えないときのために、こんにちは!こんばんは!おやすみなさい!」
先日、2日間に渡って行われました紫雲祭が終了し演劇部も無事に令和元年紫雲祭公演、無事終演致しました。
そして今回が引退公演ということもあり、中島の演劇も本公演で一区切りがつきました。
令和元年紫雲祭公演

大学生から演劇を始め、何もわからない中、先輩方に引っ張ってもらって同期に鼓舞されてやって参りました。
本公演「いるかのうた」楽しんでいただけましたでしょうか?
私はお客様や一緒にお芝居を作ってくださった皆さんのおかげで楽しめました。
それが演者として正しい云々は分かりませんが心より感謝しております。
ご来場下さりありがとうございました!

一応、卒公ブログなので感謝綴るのもいいけど
本公演についても書きましょうか。
今回、私が演じさせて頂きましたサラ(いるか)。
今までやったどの役よりも、中島 彩という人間からかけ離れたキャラクターでふとした瞬間に素が出ては「今のあやちゃん出てたよ」なんて指摘を受けました。
それもいい経験のひとつといえたかもしれません。
演出やキャストには、ご迷惑をおかけしました!でも、一緒に立てて私は楽しかったです。一緒にお芝居ができてよかった。

同期とはあまり絡めずちょっと残念で
2年とは本作が初めてこんなに絡んだかなって印象。もっと、やりたみ深志だった。
1年とはもっと絡みたかったね遊びたかったねってところもあるけれど楽しかったです。
そして客演で出演くださった若山先輩。初舞台から絡ませてもらって、この人めちゃくちゃ動くな凄いなと思ってきましたが今回の舞台が一番そういう印象強く受けました。
最後の舞台が、このキャストでよかったと思います。
ありがとうございました。



出席日数が基本的に低空な自分が、なんだかんだと卒部まで続けられたのは一重に部員のおかげだと思います。
根気強く教えてくれた先輩や、褒めてくれたり注意してくれたり鼓舞してくれる同期や、一緒にバカになってくれる後輩らの存在が大きく、舞台に立ったら一瞬で終わるような公演も振り返ると大変だったよりも愉快だったが先行します。
1年生’sとは、ただでさえ出席日数少ないのであまり関われんかったね。今年は経験者ちゃんも入ってくれたので、このまま2年を支えてあげてほしいかなと変に先輩風を吹かせそうになります。どう転ぶかなんて分からないし、転び方によっちゃ再起不能なまでに怪我するかもしれない。
けど、取り敢えず「なんだかんだ言っても、楽しかった」って笑いながら演劇をみんなができればいいんじゃないかなとゆるっと考えてます。
そんなゆるっゆるな中島と関わってくれてありがとうございます。
思ひ出


日本人って期間限定と閉店セール、最後に弱いよね。
私も日本人なので、最後のブログがちょっと長くなってしまいました。すみません。

最後に、四人と出会えて、舞台を作れてよかったです。
感謝感激狂喜乱舞!圧倒的謝謝大感謝!!
3年

中島。

紫雲祭公演無事終演致しました!!
ご来場頂いた皆様、応援してくださった皆様誠にありがとうございました。


ざっと今回の劇の好きだったところを…

まず、ラコステがまさかの…という最後のオチ
もしかしたら、あなたと目と目があったあの虫はラコステなのかも…(迷わず昇天させてください。)

次に、実は今回、トムリターンズなんですよ。
お気づきの方がいたら嬉しい…w
(前回の紫雲祭公演参照)
トムはトムでもまた違ったトム……なんですけどねw

あとは、いるかの嘘ついたことを謝りに行こうとラコステに言うシーン。
いや、おまえ!!!!という感じ好きです。
純粋すぎました。

そんな3本です。(もっと深い)


ついに卒部ですね。実感無いですねー。
特に言うことはありません。(だって言っちゃったんだもん)
それに今部活関連のことしてるしね!!
暫くスパッと卒部ってわけにもいかないですしおすし。

ここは張り切って一人一人になにか書く?
いや、誰かが書いてくれていると思うので割愛で。
それに私らしくゆるっと終わりたいですもん。とかいっちゃって。

…(真面目モード)

最後になりましたが、
劇団Bee-voiceとして活動して行くために支えてくださったお客様、職員の皆様、YAMAHAさん、OBOGの方々、そして御父兄の皆様方
今まで本当にありがとうございました。
今後とも劇団Bee-voiceをよろしくお願い致します。


それでは、またいつか!

無事終演

(顔NG組に挟まれる中島の図)

3年生最後の公演、「いるかのうた」無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、応援してくださった皆様、お世話になった皆様、ありがとうございました。
音響を担当いたしました伊東です。
最後のあいさつでいるか持ってきた人です。端から出てきたちっさい人ですよ…。

何書こう何書こうと前回の公演前ブログから温めていたのですが、
すっかり忘れてしまったので思うままに綴ろうかと思います。

今回公演、なんやかんやあって音響と合わせられた回数がとても少なくなってしまいました。
いろんな方に迷惑をかけたと思います。
まあでも、いい結果に終わったのでよかったかな、なんて。
今回の舞台がクリスマスということで、音響探しは比較的迷いませんでした。
ゲームやアニメでもクリスマスや冬がモチーフの曲は多いので。
ただ光の音は難航しましたね。隕石?雷?花火?なんて演出と相談して。
最終的に使ったのはなんと……レーザービームの音でした。ピチューン。
さすがに初手では思い浮かばなかったので土壇場ってすごいな……。

本番前楽屋

さて、最後の公演ということで残る下級生たちになにか伝言?遺言?を残していったらいいのかななんて思うわけですが。
えっわたしでいいんかな……
というわけで。


1年。
半年になるのかな。ありがとうございました。
濃い。一人一人がとてつもなく濃い。
そして男子はバカにしてくる。背の高いやつってや―――ね――――!!!
何もしなくても存在感があって凄いなって思います。
あとものすごく仲がいい。うらやましい。3年も仲いいけど!
もっと演技を見ていたかったとつくづく思います。
演劇に懸命で、演技してるときはキラキラしていて。
応援しがいのある人たちだなと思っています。
まだ先は長いと思うだろ?すぐに来てしまうんだな。
キラキラを次へとつなげて、頑張ってください。
応援しています。


2年。
2年間?1年半?ありがとうございました。
君たちが入ってくれなかったら本当に人数がやばかった……。
部活説明会で速攻で入部してくるからやばいやつらだと思っていたら案の定やばいやつらでした。
アイドルだったり、声が良かったり、しっぽ振ってきたり、懸命にやってくれたり。
基本的にふざけ倒してくるから困りものでしたが。
にぎやかで仲良しでうらやましい限りです。
私の人生で出会うはずのない人たちでした。
会えてよかったと心から思います。
あなたたちの演技が、存在が大好きです。
できることならこの先も応援させてください。


3年。
特別食べに行ったりとか一緒にいたりとかした覚えがまっっっっっったくないのだが
仲が悪いわけでもなく、その距離感がとても居心地のいい空間でした。

安西は初めて会ったときからあんまり印象変わらず優しいスローペースのくまさんで、
お話いっぱい聞いてくれてありがとう。
一生懸命に頑張ってるのをみててこっちも頑張ろうっていう気持ちにすごくさせてくれました。

中島はもはや別人なのでは?というレベルで初期と人が違うのでいまだにあれは幻覚だったのではないかと思っています。あれ偽物ではないよね?
えっと。中島の演技好き。上達したし。いつもセリフは全然覚えてこなかったけど。なんだかんだでこなせてるの凄いと思う。

上杉はもう私が引き込んだので…いやあの、本当に入部するとは思いませんでした……。
良い誤算……。部長押し付けてしまうし…。
ありがとう…ありがとう…いろいろあったけど本当に感謝しかない……

私は3年みんながいたからこそ、私もちゃんと最後までいようと思ったし、ちゃんと最後に音響やって終わりにしよう!と思えました。
楽しく過ごせて本当に良かった。ありがとうございました。大大大大大好きです。


と。
長い時間を過ごしてきた演劇部でしたが、もう終わり。

始めから最後まで音響としてしかやらない!っというわがままを突き通させてもらえて本当にありがとうございました。
音響仕事始めはなーんにもわからないところから始まって。
どんどん難しいことにチャレンジできるようになって。
動きに合わせてBGM上げたり下げたりとか、左右に振ってみよう!(ただしできなかった)とか。
成長してる!って感じがして楽しかったです。本当に。

ここでは大変なことも楽しいこともたくさんあって、忘れることのできない濃すぎる人たちと出会って。
いい経験をさせてもらったと思います。写真も上達しましたし。
引き合わせてくれた先輩や同期やすべてのものに感謝を込めて。

ありがとうございました。
また、どこかで。

再びレポートと戦い始めた安西です。

この度は令和元年度紫雲祭公演「いるかのうた」にご来場いただきましたお客様、応援してくださった皆様ありがとうございました。

今回で私の代は卒部となります。長いようで短いなぁて感じました。というかあっという間すぎる。

これまで私は多方面の方々に迷惑をかけてきて、大きい罪悪感を感じたり、どのようにしていればよかったのだろうかって考えたりもしました。それらを糧にして、今後の私の勉強になると信じています。

そして、私に関わってくださった先輩方や同期、後輩達には感謝しかありません。本当にここで過ごせて良かったと私は思います。

ここからは関係ない話になりますが、1年生達のやろうとしてることの濃さと○ゆ○○さんなどの影響で少し前から興味があった曲作りを始めました。まだ1曲も完成していませんがレポートなどが落ち着いたら完成させたいなぁって思っています。

ここからは個人的部内写真ランキング!個人的に好きな写真3つ挙げます。

まずはこれ

ピースする天宮

私が撮影した中では最も綺麗にとれてるんじゃないかと思います。(素人の感想)

次はこれ

殺人現場?

一種の恐怖絵図ですね(笑)私は面白くて好きです。

最後はこれ…って思いましたが見つかりませんでした。

その画像は若山先輩のユニコーン写真(段ボールで作った剣の破片を額につけたもの)で、当時(2017年)の私が最もツボに入った写真です。今挙げた写真の中では今後も頭の中に残り続けるものになると思っています。どんな姿かは皆さんの想像におまかせします。

ここまで関係ないことや写真ランキングとやってきましたが最後に

日本にはこんな素晴らしい言葉がある

【アリガトウ】

以上、安西勇人の42回目のブログでした!

集合写真

約1年振りのブログです!!
今回の紫雲祭公演「いるかのうた」見に来てくださった方、応援してくださった方、そしてこのブログを見てくださっている方、ありがとうございました。
 紫雲祭公演、今回は客演として4年生ながら出演しました。1年前のこの時期、僕が卒部をして、今回は卒部する3年生を見守る側になりました。まぁその見守る場所が客席から舞台に変わっただけです。

 ここから真面目なことを。今回僕はこのたった一回のブログのチャンスを自己満足で使わさせて頂きます。何かというと、後輩達にメッセージを送りたいんです。それが今回のブログタイトルです。

1年生へ(神田、甲田、佐藤、八十島)
と言っても、関わってきたのは紫雲祭練習期間の2ヶ月くらい。いきなり来たあまり知らない4年生を笑顔で迎えてくれた1年生。1回だったけれど、君達と舞台に立てて本当に嬉しかった。みんなと一緒に練習していき、本番を迎え、これが最後なのかと考えると、もっと一緒にやりたかったなと思っていました。これだけは言わせてください。演劇部としてあと2年。思いっきり楽しんでください。

2年生へ(仲田、本間、天宮、斎藤)
キャラが濃すぎる2年生。ただ君達の存在が僕にとっては大きかった。君達の存在が僕にとっては必要不可欠でした。君達がいなかったら、僕はきっと笑顔で卒部できなかったと思う。おそらく3年生も同じことを思ってると思うよ。約1年間一緒にいて、部活でも部活以外でもたくさん笑わせてくれました。次は部活の中で最高学年として、演劇部を引っ張っていく立場になるけど、いつでも相談してきてください。

3年生は個人で

安西
演劇部のお色気担当(嘘)安西。誰よりも真面目に自分の役のことを考えていた安西くん。3年間お疲れ様。最初入ってきたときは不安だらけでした。本音を言うと「この子演劇できる…?」って心の中で思ってました。でもいざやってみると舞台上であのキャラを出せるというところに先輩ながら憧れていました。…就活頑張れ。

伊東
スタッフ専門部員。音響として舞台を作り続けてくれた伊東。3年間お疲れ様。実は他の部とも兼部していて、忙しい忙しいと言っていたのが印象的です()でもそんな中でもかなりの出席率で演劇部としての仕事をちゃんとやってくれていた伊東。それに何度も助けられてきました。感謝しかありません。

上杉
2年生から演劇部に入ってきた歴戦の猛者上杉。部長任せてごめんちゃい。でも今回紫雲祭練習に参加して、僕が部長としてではなく、上杉が部長としての部活に参加して思ったことは「上杉が部長で良かった」この一言です。今の1、2年生も多分同じこと思ってるよ。…来年の部長誰だろうね?まぁそこは上杉さんの手腕に期待っすね!

中島
最初入って来た時は演劇部にやっとマトモな子が入ってきたって思ったんだよ。…思ったんだけどね。2ヶ月後くらいにはそんな幻想は消え去りました。ただ僕個人的に一番成長したと思ってる後輩NO.1。めちゃめちゃ演技上手くなっててビビりました。上3人は就活頑張れだけど、中島は卒業頑張れだね()ちゃんと卒業したらキルフェボンのタルト買ってあげるから。

他にも色々言いたいことはあるのですが、あまり長々と書いてしまうとこれを見る方を疲れてしまうのでこの辺で。

 …このような文章を書きましたが、何が言いたいかというと、僕はこんな後輩達に恵まれた豪運の持ち主ってことです。誰がなんと言おうと、自慢の後輩達だと胸を張って言えます。そんな後輩達と最後に一緒の舞台を作れたのがとても嬉しかったです。

凄い真面目な文章を書きましたが、これで今回のブログを終わらせていただきます。ブログの写真は僕の部屋の天井です。
天井

このページのトップヘ